AOMORI BUNACO / 青森 ブナコ漆器製造(株)

DSC_0352

青森県 弘前市にあるウナギの寝床みたいな工房で おっちゃんらが作ってる BUNACO。

面白い作り方でね ブナの原木を細いマスキンテープみたいにカツラ剥きして、それを芯に巻き付けていく事で 写真の年輪みたいなんが表現されます

巻き付けた状態で ググっと押し出して成形すると お椀やボウルと言った 深皿が出来上がります。でも うちにはないです。

青森はブナの木蓄積量 日本一。おっちゃんらは この無駄のでない、んでもって自由に成形できるすんごい技を 50年も前に編み出し 続けてきてるんですね。

ぼちぼちと その創成期を支えた おっちゃんらも引退して 技だけ は しっかり継承されるんでしょうな。

技術を確立した苦労や喜びは このおっちゃんらの作ったもんからしか 感じ取れないような 気がするので うちは 今後もデッドストックや古いのを探すことにします。

BUNACOさんに 限らずですけどね。うちにあるのは。  お買い物は 店頭でゆっくり 酒でも飲みながら 商品の話を 聞いてもらえれば ありがたいです

ネットショップ ございますが、まずは一度 お電話でお話しできればと。フリーダイヤルございません。

DSC_0334

 以下 ブナコさんのホームページからお借りしました。

BUNACOは、日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された
当社独自のユニークな製法で、ひとつひとつ丁寧に手作りされている木工品です。

■ BUNACOの特性
・割れ、狂い(ゆがみ)がなく、海外などの気候風土の異なる場所でも、安心して使える
・耐水性に優れたコーティング
・アルコール系中性洗剤で洗っても大丈夫なのでお手入れが簡単
・従来の技術ではできなかった形状も表現できる

BUNACOオリジナルの製法

ブナの原木をかつらむきの原理で約1mmの厚さにスライスし、
テープ状にカットにしたものを巻き重ねる

湯飲み茶碗などの道具を使い、押し出して成型する

BUNACO独自のユニークな製法により様々な形・デザインを作っていくことができる

・すべての工程は熟練した職人による手作りで行われています
・50年以上の実績と技術の積み重ねにより上質な製品を作り続けています
・この無駄がでないエコロジカルな独自の製法は様々なデザイン、製品に対応できます

 


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

IMG_20180513_165906_542-1024x1280

ブツブツグラス

ブツブツのもの、飲むときにどうぞ。 続きを読む »

IMG_20180513_170840_098-1024x1280

人場所様式を考えて

ガラスと組む錫。見た目素材の感じは、
使う人、場所、が誰でもどこでもokとはいかないビアマグ。かな。 続きを読む »

IMG_20180513_164820_178-768x960

触り続ける見続ける、飲む時ぐらい気を付ける

厚い、重い。持たせていただきます。な。 続きを読む »

IMG_20180513_164327_761-768x960

持ち方を考えて持つ

 この脚は、本体からブチイュ~と、とろけ出て、生えた脚。なのか。 続きを読む »

DSC_0008

丸と三角 銅の花瓶

食事とテレビの往復。いやー定休日です。あとは散髪(髭補正込み)、をどうするか。 続きを読む »

DSC_0345

Mass of the layers

続きを読む »

DSC_0030 (2)

私が汚します。

続きを読む »

DSC_0078 (2)

今年も宜しくどうぞ

続きを読む »

IMG_20171217_145555_022

年末年始、新春初売り

続きを読む »

DSC_0034

tadanori yokoo’s scarf & taro okamoto’s cards set

続きを読む »

DSC_0081 (1)

shigeo fukuda

続きを読む »

DSC_0131

Artemide / Artemide Sintesi

続きを読む »

DSC_0021

並び

続きを読む »

DSC_0034

ガラス

続きを読む »

DSC_0133

外国の

続きを読む »