勝手 工房アイザワ

025_2

 7/6(sat)シゲトヨ産ミントが

今年も山盛り届きます。

モヒート飲みに来てね。

 

写真は

<工房アイザワ>の道具

黄銅洋食器 円

 

造り手から使い手へ

 

世界の洋食器のデザインについては、つまびらかではありませんが、

日本国内で生産されているよう食器のデザインに限って言及するなら、

旋盤加工、もしくは柄と皿を熔接しない完全な丸柄のスプンを寡聞にして知りません。

そのことが丸柄スプン「円」を考えついたモノ造りのきっかけです。

丸柄が簡単だとは思いませんでしたが、ステンレスの素材と違い、

素材が銅であったことで銅の伸びをどこで配分するかで、型作りの工夫がありました。

しかし

このデザインを生かすも殺すも、決めては仕上げにあります。

手仕事のできる職人、特にヤスリを使える職人の確保が問題になりました。

幸い、自動化の進んだ燕の産地にも生き残りの職人が今も健在です。

職人を大切にすること、職人を育てることの重要さを、この仕事でしみじみ考えさせられたものです。

きわめて

平凡なデザインですが、「円」はその平凡さが特徴です。そこが売り物でもあります。

 

(工房アイザワ カタログより)


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

IMG_20180513_165906_542-1024x1280

ブツブツグラス

ブツブツのもの、飲むときにどうぞ。 続きを読む »

IMG_20180513_170840_098-1024x1280

人場所様式を考えて

ガラスと組む錫。見た目素材の感じは、
使う人、場所、が誰でもどこでもokとはいかないビアマグ。かな。 続きを読む »

IMG_20180513_164820_178-768x960

触り続ける見続ける、飲む時ぐらい気を付ける

厚い、重い。持たせていただきます。な。 続きを読む »

IMG_20180513_164327_761-768x960

持ち方を考えて持つ

 この脚は、本体からブチイュ~と、とろけ出て、生えた脚。なのか。 続きを読む »

DSC_0008

丸と三角 銅の花瓶

食事とテレビの往復。いやー定休日です。あとは散髪(髭補正込み)、をどうするか。 続きを読む »

DSC_0345

Mass of the layers

続きを読む »

DSC_0030 (2)

私が汚します。

続きを読む »

DSC_0078 (2)

今年も宜しくどうぞ

続きを読む »

IMG_20171217_145555_022

年末年始、新春初売り

続きを読む »

DSC_0034

tadanori yokoo’s scarf & taro okamoto’s cards set

続きを読む »

DSC_0081 (1)

shigeo fukuda

続きを読む »

DSC_0131

Artemide / Artemide Sintesi

続きを読む »

DSC_0021

並び

続きを読む »

DSC_0034

ガラス

続きを読む »

DSC_0133

外国の

続きを読む »