民藝陶ケーキ

IMG_20181209_170722_218-1024x1280

京都 百芍丹。

営む佐々木さま。

馬の目皿に

馬の目皿ケーキをのせる。

イングランドスリップウェアに

イングランドスリップウェアケーキをのせる。

佐々木さまによる東西民藝の新しいアイデアを形にします。

面白くて、楽しい、のち美味しい。

ものが 良いです。

DSC_3583~2-1024x1365

土台は

オーガニックココア、

オーガニック小麦粉&全粒粉、

平飼い卵、

大山バター、

で焼き上げたクッキー。

中は二層式

一層目は

オーガニック70%ハイカカオ5種ブレンドチョコ(乳化剤不使用)、ちょっと癖のあるスパイス入り/

デンマーク産ナチュラルクリームチーズ/

オーガニックローストナッツ(ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ等)/

二層目は

ベルギー製ホワイトチョコ/

デンマーク産クリームチーズ/

大山バター/

オールナチュラルドライフルーツ(パイナップル、 マンゴー、ミカン)。

そうです。お馴染みカビクッキーと同じ。

どれもそのままでおいしくお酒のアテになる連中。

贅沢におかぶり付きください。

DSC_3593~2-1024x1365

写真は一部かぶり付き後 です。

ちゃんとラウンド型でお渡しします。

イングランドスリップウェアケーキも中身は同じ。

サイズは

直径約200mm

厚み20mm

重さ300gオーバー

¥4000

お持ち帰り用のケースにお入れします。

DSC_3597~3-1024x1365

販売期間は 本日より2019年春 予定。

受注生産の為、メール又は電話でご注文のうえ、

後日店頭にてお渡し致します。

お支払方法、お渡し日時はご相談賜りますので、

お気軽にお問い合わせ下さい。

販売期間は本日より2019年春予定。

さて、

民藝陶ケーキを受け取られましたらば、

その足で

京都 百芍丹さま に。

載せるお皿の物色と、

店主さまからの

馬の目皿&

イングランドスリップウェアへの

豆知識をぜひ。

帰る頃には

その手の中身も一層に

面白くて、楽しい、のち美味しい。

ものになることでしょう。

どうぞお楽しみあれ。

 

 

 


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

DSC_0012 (2)

Kinsai cup With pedestal Masahiro Mori

続きを読む »

DSC_0016 (2)

Shot glass with the same design as the other glass

続きを読む »

IMG_20201023_125058_154

Reversible apron. A series where you can see the internal organs.

続きを読む »

IMG_20201011_165816_468

Table lamp Ettore Sottsass | Philips | Halo Click 2 /1988

続きを読む »

DSC_0200 (2)

Super Jumbo Mold Cookie

続きを読む »

DSC_0687 (2)

Ingo Maurer 1967 ML1/Design M  

続きを読む »

DSC_0737 (2)

Almond baked sweet potato ganache sandアーモンド焼菓子さつまいもガナッシュ挟み

続きを読む »

DSC_0561 (2)

Vico Magistretti / Fontana Arte ヴィコ・マジストレッティ/フォンタナアルテ

続きを読む »

DSC_0405 (2)

Michele de Lucchi 2004 Yamagiwa /ミケーレ・デ・ルッキ 2004 ヤマギワ

続きを読む »

DSC_0183 (2)

Darjeeling tea, small cognac, apple and ganache cake紅茶 小さい酒 林檎と生チョコのサンド

続きを読む »

IMG_20201010_161001_302

エプロン

続きを読む »

DSC_0748 (2)

パンとスープ

続きを読む »

DSC_0687 (2)

ジョエコロ

続きを読む »

DSC_0414 (2)

Frank Thrower1971,BOREK SIPEK1980’s,Dorothy Thorpe Studios1960,Masahiro Mori1989

続きを読む »

DSC_0368 (2)

The champion’s corner 赤コーナー

続きを読む »