そろそろ売れないと。もうここを照らさないで。

DSC_0005~2

デスクライトが欲しくて色々さがしてましたらね、

こちらの卵の紙パック四枚分で出来てる照明を見つけまして。

もう少し小振りが良かったんですがね、割りと大きく、目立つ、気になる。

しかし、それは一時的なもの。

物事への興味を持つ時間なんてあっという間だけ。

すぐ別のモノが欲しくなるのさ。

そうなったら、すぐに私をゴミにしなさい。

簡単に真っ二つに分解できる本体は紙、電源コードは布として廃棄。

望まれなくなった私は新しいモノにリサイクルされ、生まれ変われるのです。

だからその今、脳に沸き立つ “一時的な” 物欲に身を委ねなさい。無駄にしてはなりません。さぁポチッと私を買いましょう。

てな事がコンセプトなのかどうかわかりませんが、

それっぽい事をデザイナーさんは仰られている、

ような気がする。

¥32000(税抜)

 

TRASH ME VV1
by Victor Vetterlein
andtradition.com
Materials: Paper pulp, MDF and aluminium with 2 meter fabric cord.
Dimensions: H: 524 x L: 254 x W: 165 mm
Design Date: 2010
Story: Through globalization and the constant expansion of opportunity via the Internet, people are on the move
and their interest and allegiance in all things is short-lived. The concept word for the Trash Me lamp design is
transient. Like our current global culture, it is a product that is ephemeral. The lamp is made of paper pulp spread
over a mold and left to dry. Paper is in itself a transient material. A strong concept idea leads to an extraordinary
form, and in this case it is a rebirth of what the designer sees as the beauty of the utilitarian forms. It is only fitting
that the name is Trash Me, meaning “please recycle me when no longer useful or desired”.
& the Trash Me lamp can be quickly dissembled and the parts reused or recycled back into the trash to be born
again as something new.

TRASH ME VV1
Victor Vetterleinによって
andtradition.com
材料:2メートルの布コード付きの紙パルプ、MDFおよびアルミニウム。
外形寸法:H:524×L:254×W:165 mm
デザイン日:2010
ストーリー:グローバリゼーションとインターネットを通じた機会の絶え間ない拡大を通して、人々は動いています
そしてすべての事柄に対する彼らの関心と忠誠は短期間です。 Trash Meランプデザインのコンセプトワードは
一時的な。私たちの現在の世界文化と同様に、それは一時的な製品です。ランプは紙パルプでできています
型の上に置いて乾かします。紙自体は一時的な素材です。強い概念のアイデアは並外れたものにつながります
この場合、それはデザイナーが実用的な形の美しさとして見るものの再生です。試着のみです
その名前がTrash Meであることを意味します。
&Trash Meランプをすばやく分解して部品を再利用するか、またはゴミ箱に戻して生まれさせることができます。
また新しいものとして。

カ マ タ 店

open/

13:00~23:00

closed/

tuesday

map/〒603-8173京都市北区小山下初音町43-2

mail/ kamatasyouten@gmail.com

instagram/kamata_mise

web shop/http://kamata.theshop.jp 

DSC_0025~2
DSC_0004~2
DSC_0003~2

Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

DSC_0240 (2)

カマタ棒→カマタ板 /Kamata stick → Kamata plywood

こないだの棒三味を一枚の合板に仕立て直しました。 続きを読む »

IMG_20200808_173506_005

Aluminum ring and aluminum base/アルミリングとアルミベース

リングはガムテープのようなサイズ。100円で売ってるぐらいの。¥2500

塊の方のサイズは、例え様が難しいですが、 続きを読む »

DSC_0603 (2)

Boda Sweden Bertil Vallien Glass Animal 1970’s/ ボダ スウェーデン バーティルバリーン ガラスの動物

Boda Sweden Bertil Vallien Glass Animal 1970’s/  続きを読む »

DSC_0487 (2)

甘回転(タテ回り)

ベリーとマスカルポーネのセミフレッドを、 続きを読む »

DSC_0955 (3)

Geometric food stick/ Chocolate+Nuts+Fruits 幾何学食棒/チョコ+ナッツ+フルーツ

これは幾何学食棒3本セット約100g ¥1300

一本目はチョコ。成分は、 続きを読む »

DSC_0905 (2)

錫 壁 釘 打

錫板の壁飾り。19cm×13cmが一枚と10cm×10cmが二枚。留め方は 釘でオモクソ打ち囲う。やりますので、家いきます。

DSC_0700 (2)

アイスクリームサンド

アーモンドの焼菓子でパイナップルクリームチーズアイスクリームを挟んだもの。に線香カスをかける。蚊取りの方ね。簡単に言うと。 続きを読む »

DSC_0538 (3)

1960s Champagne glasses. Manufactured by Dorothy Thorpe Studios, California. カリフォルニア ドロシーソープスタジオ製造シャンパングラス

1960s Champagne glasses.
Manufactured by Dorothy Thorpe Studios, California. 続きを読む »

DSC_0425 (2)

Joe Colombo Glass Cups and Saucers 1960s ジョエ・コロンボのガラスカップとソーサー60年代イタリア製

写真は珈琲を入れてます。
Joe Colombo glass cups and saucers.
Made in Italy in the 60’s. 続きを読む »

DSC_0365 (2)

花瓶

花瓶の両面。顔が違うので。

DSC_0276 (2)

フォのかわり

フォは夏の間、コレに代わります。

フォに使っていたソースが中に練りこまれた パン。

焼き野菜とソーセージ、ピクルス、バジルバター。をバラバラ食い。する

DSC_0111 (3)

Brass tray /真鍮製の丸いリムトレイ

まぁ 金色の丸いおぼんです。 続きを読む »

DSC_0030 (2)

ニューサンド

サンドの新型です。 続きを読む »

DSC_0933 (2)

Erik Hoglund Set of 2 Glass / Boda /Sweden  エリックホグラン の 父 母 息子 娘 レリーフ タンブラーグラス & ホグランのアダムアンドイブ ショットグラス 

Erik Höglund Boda Sweden 1 drinking + 1 shot glasses set 続きを読む »

DSC_0913 (2)

Set of 2 color Bohemia 1980s crystal drinking glasses designed by Borek Sipek for Alterego,/ボヘミアンクリスタルグラス ボジェック・シーペック 1980年代

ブルーとイエローのボヘミアンクリスタルグラス セット
デザインはボジェック・シーペック 続きを読む »