ガラスの牛の灰皿

DSC_0366

透明色の 顔モチーフの花瓶やデキャンタ ブックエンド、オブジェなら、まだしも これじゃあ ね。

手入れた18,9歳の時に キャッキャ 言うてたん 嘘みたい。

先日のSASのガラスのんと並べると 可愛い。ぼてっとスケスケ可愛い。可愛いってなんだ。

嫌気さした理由はわかりやすい。

目の前の実物見返す前に ネット検索で 他の珍しく見たことない作品を色々見過ぎ、ときめき、それを取り扱うお店に嫉妬し

「今更これをホームページで紹介するなんて どうしようもない店だ」と いつものとおり 卑屈になってるんです。

それでも お店にいる こいつを 提案しなければと、

1998年に66歳で亡くなった作者、ホグランの作品を振り返ることで

新たに コイツと向き合える”感覚”が 芽生える事を望み、リンクだけ張りまくって 十三へ飲みに行ってきます

ホグラン展示会カタログ

ホグラン作品①

ホグラン作品②

ホグラン作品③

ホグラン作品④

ホグラン作品⑤

ホグラン作品⑥

・・・いろんな見れたでしょ。ガラス作品はもちろん、ブロンズ像、油絵と 創作のふり幅におどろきます

やはり出回る大量生産とは一線を画してますね。感覚芽生えるどころか 一層 嫌気が増しますな。

こんな ちんまい 灰皿 ごときに 何をブチブチ 言うとるんやろと。 もう 捨ててやることにします

ちょっと待っておっしゃるのならば店頭で伺いましょ。恥ずかしい方はネットショップでプライバシー保護。

本日もありがとうございます

DSC_0373


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

IMG_20180513_165906_542-1024x1280

ブツブツグラス

ブツブツのもの、飲むときにどうぞ。 続きを読む »

IMG_20180513_170840_098-1024x1280

人場所様式を考えて

ガラスと組む錫。見た目素材の感じは、
使う人、場所、が誰でもどこでもokとはいかないビアマグ。かな。 続きを読む »

IMG_20180513_164820_178-768x960

触り続ける見続ける、飲む時ぐらい気を付ける

厚い、重い。持たせていただきます。な。 続きを読む »

IMG_20180513_164327_761-768x960

持ち方を考えて持つ

 この脚は、本体からブチイュ~と、とろけ出て、生えた脚。なのか。 続きを読む »

DSC_0008

丸と三角 銅の花瓶

食事とテレビの往復。いやー定休日です。あとは散髪(髭補正込み)、をどうするか。 続きを読む »

DSC_0345

Mass of the layers

続きを読む »

DSC_0030 (2)

私が汚します。

続きを読む »

DSC_0078 (2)

今年も宜しくどうぞ

続きを読む »

IMG_20171217_145555_022

年末年始、新春初売り

続きを読む »

DSC_0034

tadanori yokoo’s scarf & taro okamoto’s cards set

続きを読む »

DSC_0081 (1)

shigeo fukuda

続きを読む »

DSC_0131

Artemide / Artemide Sintesi

続きを読む »

DSC_0021

並び

続きを読む »

DSC_0034

ガラス

続きを読む »

DSC_0133

外国の

続きを読む »