剣持勇の煙草ケースと黒川雅之の灰皿

385e22048c76f11913edb134bd96ad9f (1)404e6a4e21b9bd936129d6059598548a (1)810f66c3f7e95745b04fe15137b90fe6 (1)4a18a4254592b3361d2170157321397c (1)1096bd15e83d9bcddbc72da9ed4ebaf2 (2)

剣持勇 ヘアーライン煙草ケース
size H35 W105 D110 mm
size H28 W92 D75 mm(内部)
condition Dead stock(金属部分に目立たない程度のシミ
桐箱にシミあり)
material 銀、チーク材
made in Japan(佐藤商事MARTIAN)

黒川雅之 gom 灰皿
size H25 Φ100 mm
condition Unused(店頭でも販売していた商品です。)
material ステンレス、ゴム
made in Japan (富双ゴム工業株式会社)

日本そして世界を代表するインテリアデザイナー 剣持勇
第二次世界大戦後に渡辺力・柳宗理・長大作・水之江忠臣らと共に
ジャパニーズ・モダンと呼ばれるデザインの礎を創ったと言われています。
誰もが手にしたことのある剣持製品はヤクルトの容器
工業デザインの神だと思います。
その剣持デザインの煙草入れ
勤続と木柄が美しくマッチしたこの製品は優雅な南洋の
チーク材を用い、銀仕上げにも入念なヘアーラインを取り入れ
薄いプラスチックの皮膜によりカバーされています。
なので変色することなく、銀製品の持つユニークな柔か味のある
光沢を永く失うことがありません。
銀とチーク材を贅沢に使用した希少な逸品です。

現役で活躍されている建築家・プロダクトデザイナー 黒川 雅之
ゴムを主役に部分的にステンレスを用いたインテリア小物のシリーズ
gomの灰皿もしくはコンテナです。
素材の持ち味を最大限に活かしたシンプルなモダンデザインです。
1972年にデザインされた歴史的デザインで、ニューヨーク近代美術館
(MoMA)のコレクションになったり、数々の受賞歴を持っています。
剣持さんと黒川さんのデザイン製品
コレクションにいかがでしょうか…


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

IMGP1239

Idiot bag & BLESS Handle

続きを読む »

5a78e15c4055fe46f4b58e6c91b36429 (1)

漢緑釉 陶磁器 壺

続きを読む »

IMGP1265

偽スーパーレッジェーラ 

続きを読む »

IMGP0453

Philippe Starck – Soeur Side Table 1999 – フィリップ スタルク サイドテーブル

続きを読む »

641a6dc6-b683-44d0-a436-a6404d6734b1

Lip Murano Italy – Glass Bottle ムラーノガラスボトル

続きを読む »

186026447f3dcef7973fe4da6be6689f

Red glass from the Småland region of Sweden スモーランドの赤いグラス

続きを読む »

677dcda3-2022-45a2-8df7-374de7abad81

Rosenthal – Studio Line – Shot glass ローゼンタール ショットグラス

続きを読む »

3b857ae9-78c5-43d5-b7d7-8aad13aa9b80

Daum france – Cactus Glass ドーム サボテングラス 

続きを読む »

IMGP0373

Sand : No Chee Nuts Sand Mark2 ノーチーナッツサンドMark2

続きを読む »

IMGP0351

Ice Pail & Tongs -アイスペール&トング

続きを読む »

IMGP0343

Aluminum sculpture wall hanging animal 壁掛け鹿

続きを読む »

IMGP8500 (2)

Pinch Stool – NaughtOne – Harman Miller

続きを読む »

IMGP0272

Mono Concave oil lamp Large Middle Small モノ 凸 オイルランプ 大中小

続きを読む »

IMGP0246

此間の箱

続きを読む »

IMGP0206

Vico Magistretti – Sonora 490/OR – Oluce -1976

続きを読む »