値下げ

1-4

車乗れないので自転車に毎日乗ります。腕時計はハンドル握ると手首んとこグリグリで不快。緩めるとブカブカで不快。

 なもんで懐中時計にしてみます。まぁスタイルは皆と同じで真似できます。が、モノは皆と違い真似できません。心の優越満タンです。

1-2

 

この時計は「箕田合資会社 第五周年記念品。大正十二年十二月十四日創立」の刻印入り。

察するところ昭和3年製。裏をカパッと開けてみますとCITIZEN☆SHOKOSHA 15JEWELSの刻印。

見ての通り短針ずれてます。が、しっかり巻けて動きます。12時間後の誤差は一分も無いです。

1-5

CITIZEN16型懐中時計
size 47×40 mm(文字盤)
size 80 mm(紐)
made in JAPAN
condition ANTIQUE(可動品)
駆動機械式(手巻)

1924年 懐中時計第一号完成。シチズン時計の第一号製品。
当時、我が国の携帯時計の主流は輸入の懐中時計でした。
この時の経営者(尚工舎、山﨑龜吉氏)は、国産化への強い意志で、
この懐中時計を独自の設計により完成させました。
シチズン初の製品となりますが、名前はまだありませんでした。

当時、貴族院議員(現参議院)の要職にあった山﨑龜吉氏は、
時の東京市長であった後藤新平伯爵と親交があり
時計の命名を後藤市長に依頼しました。
市長は永く広く市民に愛されるように
市民を意味する「CITIZEN」と名付けられました。

その後、昭和5年5月28日、尚工舎は新会社として発足することになり
時計の名前であった「シチズン」を会社名に取り入れ
シチズン時計株式会社が創立されました。

駆動機械式(手巻)5ビート
発売年月1924年(大正13年)12月
発売時の価格12円50銭前後

ご購入は SHOPカマタ で


Twitterでコメント

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

IMG_20180513_165906_542-1024x1280

ブツブツグラス

ブツブツのもの、飲むときにどうぞ。 続きを読む »

IMG_20180513_170840_098-1024x1280

人場所様式を考えて

ガラスと組む錫。見た目素材の感じは、
使う人、場所、が誰でもどこでもokとはいかないビアマグ。かな。 続きを読む »

IMG_20180513_164820_178-768x960

触り続ける見続ける、飲む時ぐらい気を付ける

厚い、重い。持たせていただきます。な。 続きを読む »

IMG_20180513_164327_761-768x960

持ち方を考えて持つ

 この脚は、本体からブチイュ~と、とろけ出て、生えた脚。なのか。 続きを読む »

DSC_0008

丸と三角 銅の花瓶

食事とテレビの往復。いやー定休日です。あとは散髪(髭補正込み)、をどうするか。 続きを読む »

DSC_0345

Mass of the layers

続きを読む »

DSC_0030 (2)

私が汚します。

続きを読む »

DSC_0078 (2)

今年も宜しくどうぞ

続きを読む »

IMG_20171217_145555_022

年末年始、新春初売り

続きを読む »

DSC_0034

tadanori yokoo’s scarf & taro okamoto’s cards set

続きを読む »

DSC_0081 (1)

shigeo fukuda

続きを読む »

DSC_0131

Artemide / Artemide Sintesi

続きを読む »

DSC_0021

並び

続きを読む »

DSC_0034

ガラス

続きを読む »

DSC_0133

外国の

続きを読む »